TOP


フリーソフトの紹介


PC高速化ソフト

ウイルスバスターKING

PC加速を出来ます


又起動時間を表示してくれます立ち上げると右上にがでるので(PCは最適になりました)とでるまでダブルクリックして下さい



WIN高速化classic(右クリックで保存)

起動・シャットダウンが速くなります


起動するたびに一番上のチェックの1と5がはずれているので、チェックを入れて「高速化」をクリックして下さい

(注意)ユーティリティの左側の上から2番目はmsconfigですので絶対にいじらないで下さい

ここを変更すると再起動したときにPCが立ち上がらなくなりま

もしそうなった場合はF8で立ち上げて「WINDOWSの修復」を実行、再起動するとまた画面が真っ暗に落ちます

電源をいれなおしてまたF8でたちあげます、すると「システムの復元」の画面がでますので実行して下さい

再起動するとまた画面が真っ暗におちますが、この時ハードディスクのランプがついているので

しばらく見ていて下さい、点滅しだします・初めは数秒感覚でゆっくりと・・・・・・・

だんだん速くなってきて最後に頻繁に点滅しだします(WINDOWSを読み込んでいる)そして正常に起動します



ユーチューブダウンローダー  winx youtube


ユーチューブで音が出なくなった時の直し方


私のPC起動画面  CPU=4G  メモリー4G


右クリックメニューに画像を表示する♪#1(右クリックで保存)

右クリックメニューに画像を表示する♪#2XnShellEx_zip(右クリックで保存)

好きな画像をデスクトップ壁紙にする♪(右クリックで保存)

画像一覧表示ソフト


irfan viewの使い方 「Irfan View の使い方」のところで、1.日本語化手順を読んで下さい

 (日本語化パッチ)右クリックで保存



comfotable

主にパフォーマンス向上・ネットへのアクセスを速くする・HDDへのアクセスを速くする等です


その他

Driver Booster

誰もがコンパネのデバイスマネージャーを見ると不明なデバイスがあると思いますが
このソフトですべてのドライバーを最新に更新してくれます

IEを立ち上げた時「このページは表示できません」と出た時、このソフトでスキャンすれば「検索中」と出て自動修復してくれます

その時「ネットワークに接続できませんでした」と出た時は、一度モデム側の電源を抜いて3分たったら入れ直して下さい、これでHPにつながります


Iobit Malway fighter

PCチェック&スキャンソフトです
データベースの更新ができます

HPが文字化けした時のこれを実行すると3分くらいスキャンしてその後修復画面で修復してくれます


IObit Uninstaller

コンパネのアンインストから消した場合ファイルが残ってしまいます
このソフトは残ったファイル・5Kプレーヤーのようにコンパネからは絶対消すことの出来ないソフトもきれいに消してくれます


メディアプレーヤー

中でもVLC Media Playerはいろんなフォーマットに対応しているのでお勧めです

壊れたときの直し方

「コントロールパネル>プログラムのアンインストールの左側にある「プログラムと機能」で「Windowsの機能の有効化または無効化」を実行します。

「メディア機能」に「Windows Media Player」があるのでチェックを外してOKを押します。これでアンインストールされますがPCの再起動を一度行うことになります。

再起動したらまた同じように「Windowsの機能の有効化または無効化」を実行します。今度はメディアプレーヤーにチェックを入れて「OK」をクリック

これで再インストールされます



圧縮ソフト 7-Zip


Advanced SystemCare 11

一応有料ソフトですが無料でも12種類スキャンは使えます
私は購入しましたがそれだけの価値はありました
スピードアップに加え19種類のコマンドでPCを最適化してくれます


AVS Audio Converter

以下のフリーソフトがDL出来ます

AVS Audio Editor

AVS Video Editor  AVS Video Converter AVS Video ReMaker AVS Image Converter AVS Document Converter AVS Media Player

AVS Registry Cleaner  AVS Disc Creator  AVS Photo Editor





仮想メモリーの作り方

コンピューターを右クリックしてプロパティを開き、システムの詳細をクリックします
設定をクリックして以下の画面でパフォーマンス優先にするをクリック
詳細設定をクリックしてこの画面をだします。そして「変更」をクリック
Dをクリックして「カスタムサイズ」にチェックをいれて、以下のサイズを打ち込みます
WIN高速化classicのPC詳細で見ると以下のように表示されます(PCのメモリーが4Gの場合)

ドライブCのフォーマットの仕方

リカバリーディスクを入れたら再起動し、WINDOWSロゴが出たときにF12を連打します

すると起動順番の画面がでますのでCDをえらんでエンター

presanykeyとでますので2秒以内にエンターを押します

WINDOWSLodingfileが始まり5分ほどでインスト画面がたちあがります

次にShift+F10を押しコマンドプロンプトの画面をたちあげます

X:> とでますので大文字でDISKPARTと打ってエンター

DISKPART> とでますから

DISKPART>listvolumeでエンター

volume1 c 200M
volume2 E ***G とでます
volume2 がドライブCなので

DISKPART>select volume 2 でエンター

DISKPART>format でエンター

これでFORMATがはじまります

おわると100%completeとでますからエンターを押してコマンドプロンプト画面を閉じます

そしてインストールを進めて下さい

フォーマットの前に「お気に入り」をドライブDに保存しておきましょう

場所はドライブCのWINDOWSのしたにある「ユーザー」ここをひらきます

一番上にある*****PCを開くと「お気に入り」があります

インストが終わったらプロダクトキーを入れ、コンパネのシステムのバックアップをとることを忘れないで下さい

以上です



リカバリーしなくていい方法

PC最良の状態の時に以下を実行して下さい

コントロールパネルの「バックアップの作成」から「システムのバックアップ」と「システムイメージの作成」を実行します

これでドライブDにこの二つが保存されます

リカバリーしなければいけないようになった時は

起動画面でF8を押しっぱなしにし、「WINDOWSの修復」を実行

進めていくとシステムの復元の画面がありますので

その下の「イメージの復元」を実行します

これでドライブCはバックアップを取った時の状態に戻ります



ドライブDにいらないフォルダが多数入っている時の対処方

ドライブCに新しいフォルダを作り、Dの残しておかなければフォルダをコピってCに一時保存します

次にコンピューターを右クリックで「管理」をクリック

「記憶域」のしたにある「ディスクの管理」をクリック

ドライブCとDが表示されますから、Dを右クリックで「フォーマット」します

その後Cに保存したフォルダをDに戻せばOKです。



ドライブCのいらないフォルダを削除して容量を空ける方法

リカバリーする度にCに追加書き込みがされるので残り容量が減ります

WINDOWSの下に 001 002 003 といういらないフォルダがある場合

一つのフォルダに約5Gのいらないファイルが入っているので001のフォルダを削除

中にはWINDOWSに必要なファイルもあるので、その時はメッセージがでます

下にチェックをいれて「はい」とか「スキップ」をクリック

いらないファイルが全部消えて001のフォルダを開けると2枚〜3枚ファイルが残っています

これはWINDOWSに必要なファイルなので切り取ってSystem32のフォルダにいれます

これで001のフォルダを削除できます。以下のフォルダも同じようにして下さい。